スネアドラム 各部位の名称と解説

スネアドラム 各部位の名称と解説

スネアドラムの各パーツ、名称を解説させていただきます。ドラムセットの中でも一際目立つスネアは、楽曲にも大きな影響を与えるため、様々なモデルが開発されてきました。

今回は名称以外にも特に注目していただきたいパーツの解説もさせていただきます。

  1. 1. スネア・ドラムとは
  2. 2. スネアの名称
  3. 3. スネアの種類
    1. 3 - 1. シェルの材質
    2. 3 - 2. 単板と合板
    3. 3 - 3. シェルの厚さ
    4. 3 - 4. エッジの角度
    5. 3 - 5. スネアベッド
    6. 3 - 6. シェルの形状
    7. 3 - 7. シェルの口径、深さ
    8. 3 - 8. シェルの塗装
    9. 3 - 9. スナッピー
    10. 3 - 10. フープ
  4. 4. まとめ

1. スネア・ドラムとは

スネアドラムはドラムの顔とも呼ばれる楽器です。ハイハット、バスドラム、スネアドラムは3点セットとも呼ばれ、リズムを作る際の中心的存在になります。

2. スネアの名称

スネアの名称

① シェル

太鼓の胴にあたる部分をシェルと呼びます。材質、形状、口径など様々な種類があります。詳しい内容は後述します。マテリアルとも呼びます。

② ヘッド

スネアの打面側に張られたプラスティック製のフィルムをヘッドと呼びます。本皮製や塗装されているものもあります。

③ フープ

シェルにヘッドを固定するためのパーツをフープと呼びます。リムショットをする際に直接叩くので、材質や重さによって音が変化します。

プレスフープ、ダイキャストフープ、ウッドフープなど様々種類があり、ヘッドに掛かる張力も変わります。

④ ラグ

テンションボルトを差し込むためのパーツをラグと呼びます。近年ではシェルの振動を妨げないように、小さなラグが主流となっています。

⑤ テンションボルト

フープとヘッドをシェルに固定し、ヘッドのテンション(張力)を変えることができるボルトをテンションボルトと呼びます。チューニングボルトとも呼びます。

⑥ ベントホール

シェルに空いている穴を、ベントホールと呼びます。スネアを叩いたときに発生する空気を逃して、抜けの良い音になります。エアホール、空気穴とも呼びます。

⑦ ストレイナー

スネアサイドにスナッピーを接地させるためのレバーをストレイナーと呼びます。ツマミを操作することで、スナッピーの張り具合を調整することができます。

スネアの名称 スネアサイド

① スネアサイド

スネアの打面と反対側に張られたヘッドをスネアサイドと呼びます。打面側のヘッドと比べて薄いフィルムのものが多いです。

② スナッピー

スネアサイドに接地している響き線をスナッピーと呼びます。響き線の本数や素材によっても音が変わり、独特なザラザラとした音をスネアに与えます。

3. スネアの種類

スネア種類は多岐に渡ります。今回はスネアのキャラクターを決めるための大きな要因となるシェルの材質、厚さ、形状、口径、深さ、エッジの角度、スネアベッド、塗装、スナッピー、フープについてもう少し詳しく解説させていただきます。

3 - 1. シェルの材質

シェルの材質

スネアの材質は主にウッド(木材)、メタル(金属)、アクリルなどの素材があります。

ウッド系

  • アッシュ
  • アピトン
  • アルダー
  • ウェンジ
  • ウォルナット
  • エルム
  • オーク(ナラ)
  • カツラ
  • カプール
  • ジャトバ
  • スプルース
  • ゼルコバ
  • バスウッド
  • バーチ(カバ)
  • パープルハート
  • バンブー
  • ビーチ(ブナ)
  • ヒノキ
  • フィリピンマホガニー
  • ブビンガ
  • ポプラ
  • マホガニー
  • メイプル(カエデ)
  • メランティ
  • ローズウッド

メタル系

  • アルミ
  • コパー
  • スティール
  • チタン
  • ブラス

その他

  • アクリル
  • カーボン
  • グラスファイバー
  • コンクリート

3 - 2. 単板と合板

※ シェルを上から見た図

単板と合板

スネアドラムを成形する際に1枚の板から作ったものを単板(たんばん)と呼び、複数の板を重ねて作ったものを合板(ごうばん)と呼びます。

また、画像のように6枚の合板から作られたものを6ply(プライ)と呼びます。

単板のスネアは1本の木をくり抜いたものもあり、合板に比べて製作に手間が掛かるため、高価なモデルになることが多いです。

3 - 3. シェルの厚さ

※ シェルの断面図

シェルの厚さ

シェルの厚みは単板の場合は10mm、合板の場合は6ply(10mm)、レインフォースメント付きの場合は6ply(10mm)6plyレインフォースメント(10mm)などと表記されます。

1プライあたりの厚みはメーカーや機種によって異なります。

一般的にシェルが薄いスネアは、叩いたときにシェルの鳴りが良くなり、柔らかい音色になります。逆にシェルが厚いスネアはソリッドでアタックが出やすい音になります。

レインフォースメントは当初シェルの薄いスネアを補強するために利用されていましたが、現在ではより輪郭のある音にするために使われることもあります。

3 - 4. エッジの角度

※ シェルの断面図

エッジの角度

ヘッドとシェルが触れ合う部分をエッジやベアリングエッジと呼びます。

左の図はエッジを片側からカットしていて、右の図は両サイドからカットしています。直接ヘッドと触れ合う場所なので、どのように振動が伝わるか等が変化します。

スネアのヘッド側とスネアサイド側で角度を変えている機種も多くあります。

3 - 5. スネアベッド

スネアベッド

スネアサイド側のエッジには、スナッピーの当たる部分にスネアベッドと言われる凹みがあります。

スネアサイドのテンションが緩むことで、スネアサイドとスナッピーが密着しやすくなり、歯切れの良い音になります。

スネアベッドの加工がされていないスネアでも、スナッピー周りの4本のテンションボルトを緩めることで同様の効果を得ることができる場合もあります。

3 - 6. シェルの形状

シェルの形状も様々なものがあります。今回はその中でも特徴的な3つを紹介させていただきます。

球面体(きゅうめんたい)

球面体(きゅうめんたい)

シェルをよく見ると和太鼓のように湾曲しているのが分かります。これは単板のスネアにみられる形で、通常のスネアは円筒形をしています。

単板のスネアは円筒形で作ると耐久性が悪く割れてしまうことがあるので、球面体を採用しています。

画像のスネアはCANOPUSのゼルコバスネアドラムです。

センタービード

センタービード

画像のようなシェルの中央にある凸型の部分をセンタービードと呼びます。当初は製造上できてしまう継ぎ目だったものが、現在はサウンドの向上を目的として付けられています。

また、センタービードは凸型だけではなく、凹型やシェルの中央以外に付けられている機種もあります。

ベントホール

ベントホール

画像のスネアはLOUDNESSの樋口宗孝さんモデルでPearl製。大きなベントホールが4つも空いています。

一時OCDPが巨大な穴の空いたスネアで一世風靡をしましたが、音抜けが良くこれまでにないスネアサウンドを作りました。

また、Pearl製の村石雅行さんモデルのスネアでは小さなベンドホールが複数空いている機種もあります。

3 - 7. シェルの口径、深さ

シェルの口径、深さ

シェルの口径、深さは、14×5.5インチ(口径×深さ)といった書き方をします。現在もっとも主流なのは14×5または5.5インチです。

深さが6インチを超える深胴タイプや3インチ程度の浅胴(ピッコロ)と呼ばれるスネアもあります。

メインのスネアとサブを用意する場合は、メインに主流のもの、サブはメインとの差が出るように、口径またはインチを変えたものをセッティングすることが多いです。

基本的には口径が大きく深胴のものは、音程が低く、レスポンが遅く、倍音が豊かです。逆に口径が小さく、浅胴のものは、音程が高く、レスポンスが速く、倍音が少ないものが多いです。

3 - 8. シェルの塗装

シェルの塗装

シェルの塗装は、オイル、ラッカー、カバリング、ベニヤ、メッキなどがあります。シェルの保護や見た目が変わるだけではなく、音にも影響します。

シェルの厚みや素材によっても音が変わるので、一概にこの塗装が良いということはありません。

オイル

乾いた木にオイルを吸わせて色を付けているので、木の杢目が見えるほど薄い塗装です。オープンでナチュラルな音になる傾向があります。

ラッカー

何層にも塗装を重ねて色を付けています。これにより塗装と材が合わさりシェルの鳴りを作り出します。塗装の厚さ、シェルの厚さによっても様々な音になります。

カバリング

シェルの周りにパールやラメなどのカバーを付けています。全く違う素材のカバーを巻くこともできるので、見た目も音も全く新しいものが作れます。

ベニヤ

こちらはカバリングに似ていますが、主にシェルとは違う木材を巻いて見た目を綺麗にしています。ただシェルに木材を巻いたらプライ数が増えただけ?とも捉えられます。

メッキ

メッキは主にメタルシェルに使われていて、クローム、ニッケル、ブラックニッケル、ガンメタルなどがあります。

3 - 9. スナッピー

スナッピー

スナッピーはスネア独特のザラザラ音を出すために大切なパーツです。

画像を見るだけでも、螺旋状の響き線の本数、素材、巻き方、配置が異なるのが分かります。

内面あたり、全面あたり

内面あたり、全面あたり

現在は内面あたりのスネアが主流となり、全面あたりのスネアを見かけることは少なりくなりました。

全面あたりのスネアは、スナッピーの響き線部分がスネアサイドに満遍なくあたるようになります。

スナッピーコード、テープ、ストラップ

スナッピーをスネアに固定するための紐をスナッピーコードやケーブルと呼びます。

コードの他にもスナッピーテープやスナッピーストラップなどがあり、スネアサイドに当たるスナッピーの当たり具合が変わるためスナッピーの鳴り方が大きく変わります。

3 - 10. フープ

フープの種類は主にプレスフープ、ダイキャストフープ、ウッドフープがあります。

プレスフープ

プレスフープ

鉄をプレスして成形しているフープ。フープ自体の重さも軽く、どのメーカーにもある定番のフープです。

ダイキャストフープ

ダイキャストフープ

型に鉄を流して成形しているフープ。プレスフープに比べて重く、フープの重みでヘッドにテンションが加わるためチューニングレンジは狭くなります。

プレスフープと比べて、硬く締まったサウンドになりやすいです。

ウッドフープ

ウッドフープ

シェルが深くなったような暖かい音色になります。また、オープンリムショットやクローズドリムショットの音もウッドならではのドライなサウンドになります。

4. まとめ

今回はスネアの名称やパーツの詳細について説明させていただきました。

ドラムのパーツは非常に多いので、ついつい記事が長くなってしまいましたが、普段スネアを叩くときやチューニングするときにそれぞれのパーツを意識するだけで音が大きく変わると思います。

もう少し細かく説明したい部分もあるので、また別の記事でご紹介させていただきます。

TOP